家を売って良かった事

家を売るということは、家を売ったお金そのもの全てが自分のものになるわけでなく、諸々の費用も掛かるのです。けれども、売ると決めたからには、後悔はないでしょう。掛かる費用の諸々は仕方のないことです。

それでも、諸々の費用を払っても、ある程度のお金は入りますから、後悔なくそのお金を今後にお役立て下さい。売るまでに不動産屋さんに足を運んだりなど、大変な日々であったでしょうし、ご決断まででも、日々の葛藤や家族との話し合いもあったでしょう。もしかしたら、家族の大反対にあったと言う人もいらっしゃるかもしれません。
ピースサインをする家それでも、ご決断され、売ったのであれば、それは正しい決断だったと思いましょう。
大変であった分、決断されたことには自信を持った方が良いのです。

家を売るということをご決断され、新しい生活をしようとお決めになったのであれば、前の家の事は考えず、次のステップを踏みましょう。
迷ったけれど、家を売って良かったと言う人は沢山いらっしゃいます。
お金の面で家を売って良かったと言う場合もあるでしょうが、それ以外に気持ちの整理が付いた、過去を振り返らないようになったなど、家を売って良かった事は人それぞれあるでしょう
売った家に感謝して、新しい一歩を踏み出すようにしましょう。


 

担保権抹消費用とは

担保とは抵当権のことです。住宅ローンを組みますと、購入した家と土地に抵当権という担保を付けることになっています。簡単にいいますと、住宅ローンのお金を銀行に払えなくなったら、銀行は抵当権として家と土地を競売にかけて、未払いのローン分を回収できるといったものです。

バインダーを持つスーツ姿の男性ここで、その家を売るとなりますと抵当権(担保)を抹消しなければなりません。
ローン返済が終わっていない場合は、登録を抹消するために登録免許税、司法書士への書類依頼の手数料がかかります
登記免許税は法務局に登記の申請を行う時に納める税(国税)で売却物件1件につきかかる税金です。
司法書士へ払うお金は不動産のみと不動産と土地ではそれぞれ異なります。
また、事前調査、事後謄本、書類送料が追加されると言う場合もあるでしょうし、住所、氏名が変わった場合も変更証明書の費用がかかるでしょう。
住所移転の場合は住民票、氏名変更は戸籍謄本が変更書類となります。
こういった場合はその都度の登記が必要ですから、登記免許税、司法書士への手数料が加算されるわけです。

以上が担保(抵当)権抹消費用で、登録免許税(不動産1個につき掛かる費用)と司法書士への費用を合算した金額になります。売却物1件の登録免許税は高くない金額です。司法書士への費用はその司法書士にもよるでしょう。


 

家を売る際に掛かる費用

二階建ての家様々なご事情で、住み慣れた家を売ると言う場合があるでしょう。
たとえば、子供が大きくなって独立したので、夫婦二人でマンションに移る、借金を返すため、引越しのため、新たにマンションを買うため、家を売ったお金を子供に渡し、夫婦は賃貸アパートに移るため等、そのご家族によりご事情はそれぞれですが、家を売るときにかかる費用があるということはご存知でしょうか。
家を売るとなると、お金を頂けると言う感覚になりますが、実は払うお金もあるのです。

では、家を売る際にかかる費用について、ご説明致します。
まずは、どんな費用があるか挙げてみましょう。
仲介手数料、印紙代、担保権抹消費用、ローン返済、税金です。仲介手数料は、取引価格×3%+60000円+消費税という計算式で表わされます。印紙代は郵便局で売っている収入印紙代です。これは売買契約を結ぶとき契約書に貼ります。担保権抹消費用は登録免許税(不動産1個につき掛かる費用)と司法書士への費用です。ローン返済はローンの残りの額となるでしょう。税金ですが、家を売った時は分離課税が発生します。これは、給与所得などの収入とは分けて計算する税金です。

当サイトは、家を売った後にかかる諸費用に関する内容をお届けいたします。担保権抹消費用について少々詳しく、家を売って良かった事について、皆様にわかりやすくお伝えいたしますので、家を売ると言うお考えの方、家を売ることにご興味のある方は、ご参考になさってください。