担保権抹消費用とは

担保とは抵当権のことです。住宅ローンを組みますと、購入した家と土地に抵当権という担保を付けることになっています。簡単にいいますと、住宅ローンのお金を銀行に払えなくなったら、銀行は抵当権として家と土地を競売にかけて、未払いのローン分を回収できるといったものです。

バインダーを持つスーツ姿の男性ここで、その家を売るとなりますと抵当権(担保)を抹消しなければなりません。
ローン返済が終わっていない場合は、登録を抹消するために登録免許税、司法書士への書類依頼の手数料がかかります
登記免許税は法務局に登記の申請を行う時に納める税(国税)で売却物件1件につきかかる税金です。
司法書士へ払うお金は不動産のみと不動産と土地ではそれぞれ異なります。
また、事前調査、事後謄本、書類送料が追加されると言う場合もあるでしょうし、住所、氏名が変わった場合も変更証明書の費用がかかるでしょう。
住所移転の場合は住民票、氏名変更は戸籍謄本が変更書類となります。
こういった場合はその都度の登記が必要ですから、登記免許税、司法書士への手数料が加算されるわけです。

以上が担保(抵当)権抹消費用で、登録免許税(不動産1個につき掛かる費用)と司法書士への費用を合算した金額になります。売却物1件の登録免許税は高くない金額です。司法書士への費用はその司法書士にもよるでしょう。