家を売る際に掛かる費用

二階建ての家様々なご事情で、住み慣れた家を売ると言う場合があるでしょう。
たとえば、子供が大きくなって独立したので、夫婦二人でマンションに移る、借金を返すため、引越しのため、新たにマンションを買うため、家を売ったお金を子供に渡し、夫婦は賃貸アパートに移るため等、そのご家族によりご事情はそれぞれですが、家を売るときにかかる費用があるということはご存知でしょうか。
家を売るとなると、お金を頂けると言う感覚になりますが、実は払うお金もあるのです。

では、家を売る際にかかる費用について、ご説明致します。
まずは、どんな費用があるか挙げてみましょう。
仲介手数料、印紙代、担保権抹消費用、ローン返済、税金です。仲介手数料は、取引価格×3%+60000円+消費税という計算式で表わされます。印紙代は郵便局で売っている収入印紙代です。これは売買契約を結ぶとき契約書に貼ります。担保権抹消費用は登録免許税(不動産1個につき掛かる費用)と司法書士への費用です。ローン返済はローンの残りの額となるでしょう。税金ですが、家を売った時は分離課税が発生します。これは、給与所得などの収入とは分けて計算する税金です。

当サイトは、家を売った後にかかる諸費用に関する内容をお届けいたします。担保権抹消費用について少々詳しく、家を売って良かった事について、皆様にわかりやすくお伝えいたしますので、家を売ると言うお考えの方、家を売ることにご興味のある方は、ご参考になさってください。